イメージ画像

PL保険に加入するタイミングは?

PL保険に加入するのは「PL事故を起こすリスクのある事業を始めたとき」であり、企業の規模に関係なく、できるだけ無保険の期間は作らないほうがいいと言えます。

事業を始めたばかりのときには、事業用のたくわえなども豊富ではありません。

そのため、実際にPL事故が起こってしまい、数千万円?数億円にのぼることもある損害賠償金を負担しきれないこともあり、早めの加入が望まれます。

事業の資金繰りが苦しいときほど「保険料の支払いをするのがつらい」と思ってしまいがちですが、そのような状況のときほど、PL事故が起こった場合の損害賠償金を負担しきれないことも多いものです。

そのために、保険を活用していくべきと言えるでしょう。
また「趣味の延長」でネットショップなどを開く場合も、ネットショップで売るものの種類によっては、PL事故が起こってしまうことがあります。

そのため「趣味」と言える範囲を超えて、「仕事」と言える状態になった場合には、できるだけ早くPL保険に加入しましょう。


a0008_001867.jpg


商工会議所の「中小企業PL保険制度」は、安価な保険料が特徴ですので、資金繰りの厳しい事業主の方にはお勧めの制度と言えるでしょう。

事業を始めたら、PL保険だけではなく、様々なリスクに対応できるよう、企業向けの保険に加入する必要性が高まってきます。

特に、従業員や第三者への賠償責任が問われることとなった場合には、その損害賠償金が多額に上ってしまうことがあり、早めの保険加入で補償を得ておくことが大切になります。

« 事故時に起こりがちなトラブルとは? | ホーム | PL保険の契約はどこでする? »

このページの先頭へ