イメージ画像

PL保険の契約はどこでする?

PL保険の契約をしたいなら「必要な補償を、必要な分だけつけてくれる保険会社(担当者)、保険代理店を通して契約をする」ということが大切です。

PL保険は「契約を結ぶ」ことそのものが大事なのではなく、イザというときに必要な補償が得られ、事故対応をスムーズに進めてもらえるということが、最も大事なのです。

たとえば、「既に自動車保険に加入しているから」「保険料が安い商品を発売しているから」といった理由だけで、保険会社や代理店を選ぶのは得策ではありません。

PL保険は、一般の生命保険などとは違い、企業向けの保険ですので、そのような保険に精通している担当者、代理店を選ぶことがとても大事です。

あるいは「建設業なら工事保険専門の代理店」「食品業なら食品業界に精通している代理店」を選んで、PL保険だけではなく、保険の全体像を相談するという方法もあります。

また、担当者と話している中で「この保険にさえ加入すれば、なんでも補償が得られます」という言い方が、あまりにも多い場合には、その担当者・代理店を信頼しても良いのかどうか、考えるほうがいいでしょう。

「PL保険で対応できること・できないこと」をきちんと言ってくれると、他の保険に加入する・特約を付ける・社内の預貯金で対応するなどの策が見えてきます。

しかし「これで何でも対応できます」と言われて、他の策を講じないでいると、イザというときに必要な補償が得られないという、非常に困ったことになります。

« PL保険に加入するタイミングは? | ホーム | PL保険の免責事項とは? »

このページの先頭へ