イメージ画像

PL保険の免責事項とは?

PL保険には「免責事項」というものが定められていて、それに該当する場合には保険金を受け取ることができないとされています。

免責事項は、会社ごとに微妙な違いがあるのですが、多くの会社では次のような内容が定められています。

●故意に起こした事故である場合
●地震、噴火、津波、洪水等の天災によって生じた事故である場合
●他人との間に結んだ損害賠償に関する約定により加重された賠償責任
●製品等の回収措置(リコール)、検査、修理、交換費用
●意図した効能や性能を発揮しなかった事による損害賠償責任
このうちリコールの費用に関しては、別途リコール保険やリコール費用担保特約を付けることで補償を得る方法があります。

また、国内で発生した事故を補償する国内PL保険は、海外で発生した事故に対しては補償をしてくれませんが、海外PL保険に加入することで、補償を得る方法があります。

免責事項が定められていることは、決して悪いことではありません。

補償の範囲を拡大するためには、それだけ高額の保険料を設定せざるを得なくなるからです。

また「この範囲の補償は受けられない」ということがあらかじめ分かっていれば、「必要なら、別の保険に加入する」といった対策を講じることができるのです。

特に、リコールというのはすべての業界で発生するわけではありませんが、リコールがいったん発生すると、その損害は非常に多額に上りますので、必要な業種ではぜひともリコール費用の補償を得ておくことをお勧めします。

« PL保険の契約はどこでする? | ホーム | PL保険はネットショップにも必要? »

このページの先頭へ