イメージ画像

PL保険はネットショップにも必要?

ネットショップには「店舗を構えて販売業を行っている方が、販路の拡張のためにネットショップを運営し始めた」「趣味で作っている作品を販売したいと思い、個人的にネットショップを立ち上げた」など、様々な動機で作られるケースがあります。

ここで注意が必要なのは、ネットショップで何を販売するのかということによっては、PL法上の責任を問われることがあるという点です。

既に店舗を構えての販売を行っている企業ならば、PL保険にも加入しているかもしれません。

しかし、ハンドメイドの服やバッグを販売するという場合であっても、「販売」目的と考えられる場合には、何か事故があった場合にPL法上の責任を問われることがあります。

友人・知人に材料費と手間賃程度のお金をもらって作るくらいなら、販売目的とは言えないかもしれませんが、ネットショップを立ち上げている時点で「販売目的である」と考えられても、仕方ないでしょう。

ただ、PL保険に加入すると保険料の負担がのしかかってくるのも事実です。

ネットショップの売り上げが多くなく、保険料があまり負担できないという場合には商工会議所の運営する「中小企業PL保険制度」を利用するという方法があります。

商工会議所に加入するとなると、一見面倒に感じられるかもしれませんが、商工会議所に加入することで、事業者どうしの横のつながりができたり、種々の勉強会・セミナー等に参加できるようにもなりますので、メリットが大きいと言えるでしょう。


a0008_001808.jpg

« PL保険の免責事項とは? | ホーム | PL保険加入証明書とは? »

このページの先頭へ