イメージ画像

PL保険加入証明書とは?

取引先などから「PL保険に加入しているか?」と問われることがあり、その時には「PL保険加入証明書」あるいは「付保証明書」と呼ばれる書類を提出することで証明することができます。

「PL保険加入証明書」の発行は、加入している保険会社に依頼することになりますが、依頼してから実際に発行されるまでには時間がかかります。

取引先との契約を結ぶ日付にも注意して、発行の依頼も時間的な余裕をもって手続きを行っていく必要があります。

もしも、取引先との契約にどうしてもPL保険加入の事実が必要であるなら、契約の成立前にPL保険に加入しておくという必要もあるかもしれません。

特定の取引先との関係だけではなく、これから経営を続けて行くためにもPL保険は必要ですので、早期の加入を心がけましょう。

ただし、注意が必要なのは「PL保険に加入している」ということを、広く一般にPRするということは禁じられており、取引先と交わす書類の扱いには、十分注意する必要があります。

これは、PL保険に加入していることを公言することで、損害賠償請求を多数起こされるという可能性が出てくるからです。

事前に保険会社に相談した上で、問題のない取り扱い方をするように気をつけましょう。 また、新規の取引先と契約を結ぶ際には、PL保険だけではなく労災保険など、他の保険の加入状況についても、取引先に知らせなければならないことがあります。

保険に加入していることで、契約を有利に進めることが可能となる場合もあります。

« PL保険はネットショップにも必要? | ホーム | 事故が起きたらどうすべきか? »

このページの先頭へ