イメージ画像

PL保険の保険料の決まり方

PL事故というのは「起こることも、起こらないこともある」ものですから、加入するとなると保険料のことが気になりますね。

PL保険の保険料は業種や、前年度の売上などによって変わります(前年度売上高(前年度領収金)×保険料率)ので、一概に「安い、高い」という判断ができません。

保険料率は、PL事故の可能性が高い業界や、一度事故が起こると賠償金額が多額に上ってしまう業界のほうが、高く設定されています。

そのため、複数のPL保険を比較する場合には、「貴社が行っている事業内容を正しく把握する」「その上で、保険会社ごとに料率を調べる」という手順が必要になります。

また「無事故であった期間が長くなると、割引率が大きくなる」という制度が設けられている会社も多いため、いったん加入したら長く付き合える保険会社を選んでおくと安心ですね。

さらに特約を付ける場合には、特約保険料がかかりますので、その分だけ保険料もかさむことにはなりますが、たとえば 「リコールをいったん行う場合には、莫大な費用が掛かる。その費用を自社で用意できるのか?」を考えた上で、特約を付けるかどうかを検討しましょう。

また、PL保険に個別に加入して補償を得る方法もありますが、別の保険にPL保険と同じ内容の特約を付けて補償を得るという方法もあります。

この場合、複数の保険に加入するよりも保険料が抑えられ、また事故が起こった際の連絡先が1つで済むということにもなり、メリットが大きいこともありますので、よく検討しましょう。

« PL保険の必要性 | ホーム | PL保険を選ぶなら? »

このページの先頭へ