イメージ画像

PL保険の料率とは?

PL保険の保険料は、

●PL事故の可能性が高かったり、一度事故が発生すると多額の保険金が発生してしまったりする業種には高い負担を求める
●PL事故が起こる可能性が低かったり、PL事故が起こっても保険金の額が多額にはならない業種には負担を軽くする
という方法をとっています。

そのために、業種ごとに異なる「保険料率」が定められており、PL保険の保険料は「前年度売上高(前年度領収金)×保険料率」という形で計算されます。

事業内容が複数の業種にまたがっている場合もあり、この場合は、売上高に応じて保険料率を加重平均して、適用することとなっています。

たとえば、食品業界などは食中毒・異物の混入などの事故が、気を付けていても起こってしまうことがありますし、容器の性質に問題があって消費者が怪我をするといった可能性もあります。

このような事故が一度起こると、同じ生産ラインで製造した食品のすべてで、事故が起こってしまう可能性がありますので、リコールを行わなければならないこともあるでしょう。

一方で、玩具や文房具などの製品では、事故が起こったとしても、あまりばく大な損害保険金の支払いにはつながらないことが考えられます。

このように、業種ごとにリスクの大きさが異なるため、保険料率を変えているのです。

貴社の事業内容をきちんと申告した上で、保険を設計してもらわなければ、万が一のPL事故の際に補償が受けられないということにもなります。

そのため、変なごまかしを行うのではなく、保険会社や保険代理店には、正確に貴社の事業内容を伝えましょう。

« PL保険の事故例は? | ホーム | PL保険加入後に気を付けることは? »

このページの先頭へ