イメージ画像

家電製品とPL事故

家電の製造・販売を行う業界では、PL事故をゼロにすることが難しいです。

というのは、メーカーがいくら安全性を高める設計などを行っても、一定の範囲内で組立のミスなどが起こるものですし、メーカーの想定していない使い方を、利用者の側が行ってしまい、思わぬ事故になるということは、考えられるからです。

また「漏電がもとで火災になった」と言う場合は、損害賠償金の金額が多額にのぼってしまうこともあり、人命にかかわる事故が起こることもあります。

このような場合に、初動が遅れると、企業イメージが大きく損なわれ、その情報が口コミで伝播してしまって取り返しがつかないことになるケースもあるのです。

そのため、家電製品の製造・販売を行う事業者は、PL保険への加入を急ぐ方が良いでしょう。

家電製品にも様々な種類があり、人体に近づけて使うタイプの家電製品のほうが、事故が起こった際の損害が大きくなることが考えられますので、保険料率の設定が家電製品の種類ごとに違う設定となっています。

家電製品を一種類しか扱っていない事業主の方は少ないと思われますが、事業内容が複数の業種にまたがる場合には、売上高に応じて保険料率を加重平均して、適用するという決まりがあります。

そのため、保険会社にはできるだけ正確に、貴社の事業内容、前年度の売上高などを伝え、イザというときの補償が得られるようにしておくことが大切です。

PL事故の際には「初期対応が素早くできることが大切」ということをよく知っておくことが大切です。

« 化粧品とPL事故 | ホーム | 工事業にPL保険は必要? »

このページの先頭へ