イメージ画像

食品が原因のPL事故とは?

食品業界は、PL保険への関心がとても高い業界と言え、他の業界に比べて加入率も高いと言われています。

何と言っても食中毒のリスクが、最も気になるところです。


a0002_004762.jpg


販売者の側が気を付けていても、予想外に気温や湿度などが高くなってしまう場合など、食中毒が発生する可能性は、いつもあります。

また、加工食品を販売する場合には、「異物が混入していて、消費者が口を怪我した」「冷凍食品を調理していたら破裂してしまい、調理していた人が油はねによってやけどをした」などの事故が起こる可能性がゼロではありません。

食品というのは、製造・販売した人が予想しなかったような調理法で、調理がされてしまうことがありますし、そのために事故が起こった場合には「そのような調理法について、警告していなかった企業側に責任がある」として、訴訟等を起こされるケースもあります。

そして、食品業界でのPL事故が一度起こると、同じ生産ラインで作られたものを全て、回収しなければならないというケースもあり、リコール保険やリコール費用担保特約なども活用して、補償を得ておくことが大事でしょう。

なお、商工会議所の「中小企業PL保険制度」を利用する方法に加えて、「食品産業センター」が運営する「食品産業PL共済」を利用することも可能です。

これらの制度は、民間の保険会社が提供する商品より、保険料を抑えて加入することができます。

食品業界では「無保険での営業を続ける」ことは、非常にリスクが高いですので、必ず保険に加入しておくようにしましょう。

« 工事業にPL保険は必要? | ホーム | 輸出事業に必要な海外PL保険とは? »

このページの先頭へ