イメージ画像

PL保険を選ぶなら?

PL保険を選ぶ際には、「貴社がどのような補償を必要としているか?」をまず検討する必要があります。 貴社が輸出事業を行っていたり、貴社が製造した製品を、他社が海外に輸出しているといった場合には、海外でのPL事故についても補償を受けられる海外PL保険が必要かもしれません。 また逆に、輸入事業を行っている業者の場合、海外の製品を国内で販売してPL事故が起こった場合は、損害賠償責任を負担しなければならないケースもありますので、注意しましょう。 貴社の企業規模が、中小企業基本法に定められた中小企業に該当する場合には、商工会議所が設けている「中小企業PL保険制度」に加入できる場合もあります。

この制度を利用すると、保険料が安いのですが、PL事故に精通した弁護士を手配できるかといった面では民間の保険会社のほうが優れた対応ができることもあります。

「貴社が既に、弁護士とのコネクションがあるかどうか」などの事情によって、どの保険を選ぶべきかが変わることもありますので、保険会社の担当者や保険代理店とよく相談して、検討する必要があるでしょう。

a0003_001881.jpg

注意したいのは「保険料の支払いがもったいないから」「なんとなく保険の必要性が感じられないから」と加入を先延ばしにしてしまうことです。

貴社の保険加入の有無にかかわらず、いつPL事故が起こるかわからないのです。

企業の存亡にかかわるような事故も起こっているのがこの世界です。

数千万円から数億円におよぶこともある損害賠償金を貴社が今すぐ準備できる、という場合でも「PL事故が起こった際に、迅速で間違いのない対応ができるか?」というと、自信がないという経営者の方も多いのではないでしょうか?

そのような場合にこそ、PL保険への加入が大切です。

« PL保険の保険料の決まり方 | ホーム | どの業界にPL保険が必要か? »

このページの先頭へ