イメージ画像

どの業界にPL保険が必要か?

PL保険が必要な業界とは「製造物責任法(PL法)上の損害賠償責任が生じうる業界」ということになります。

製造物責任法では、ソフトウェアや不動産などに関する事業については「PL法上の製造物等」に含まれないとされているため、PL保険に加入する必要性が薄い場合もあります。

PL保険の必要性が高い業界として、食品業界や建設業界、自動車業界などが考えられますが、このほかにも様々な業界でPL事故が起こる可能性があります。

特に食品業界では、食中毒や異物の混入、あるいは容器の性質の問題で異臭・破裂などの問題が起こる可能性があり、一度でもPL事故が起こった場合には、被害者が多数にのぼること、リコールの必要性があること、風評被害などが起こってしまうことなどが考えられます。

建設業界では、施工時のミスが原因となって漏電、火災などが起こった場合、後に他人に怪我をさせたり、他人の財物を損壊してしまうことがあります。

この場合は損害賠償をすべき金額が大きくなる傾向があります。

PL保険に加入しておくことで、被害者に支払うべき損害賠償金、訴訟にかかる費用などの補償を受けることができます。

PL事故が起こり、企業側の責任が認められた場合には、損害賠償金額が多額に上ってしまう場合がありますので、できるだけPL保険に加入しておくことが望ましいでしょう。

また、製品のリコールを行う可能性のある業界では、PL保険にリコール費用担保特約をつけたり、リコール保険に加入することで、リコールに関わる費用の補償も受けられるようになります。

« PL保険を選ぶなら? | ホーム | 海外PL保険が必要な場合とは? »

このページの先頭へ