イメージ画像

海外PL保険が必要な場合とは?

海外でのPL事故に備えるには、海外PL保険に加入することが必要になります。

また、貴社が輸出事業を行っていない場合でも、貴社が製造・販売した製品を、販売先が輸出しているという場合には、海外PL保険への加入が必要になるかもしれません。

海外でのPL事故は、海外の法律で裁かれることになりますので、PL保険の必要性についても、海外の法律に精通した専門家に相談することが必要です。

特にアメリカでのPL訴訟がいったん起こされた場合には、損害賠償金額がばく大なものになる傾向がありますので、注意しましょう。

また、現地の法律に精通した弁護士や通訳の方を手配することや、現地での裁判に出向くことなどが必要になるかもしれません。

そのような場合に備えて、PL保険に加入しておくことで、損害保険会社がそれらの手配を行ってくれますので、安心です。

ただし、この保険が必要かどうか判断するためには、貴社の事業内容などを正確に保険会社の担当者や保険代理店に伝えなければなりません。

「輸出するものの種類」「売上高」「輸出している国がどこか?」「過去の事故実績は?」「設定する支払い限度額は?」といったことで、毎月の保険料負担が変わってきます。

どのくらいの補償が必要なのかを正確に割り出し、必要以上の補償をつけないように配慮していくことも大事です。

また「契約期間は1年で、毎年更新する」というタイプの商品が多いですが、事故が起こらない期間が長い方が保険料が割引になるといった制度を設けている会社もありますので、できるだけ事故を起こさないようにしましょう。

« どの業界にPL保険が必要か? | ホーム | 貴社にPL保険が必要かどうか? »

このページの先頭へ