イメージ画像

貴社にPL保険が必要かどうか?

貴社にとってPL保険が必要かどうかを判断するには、貴社が「製造物責任法に定められた製造業者等にあたるかどうか」をまず検討する必要があります。

この法律では「製造業者等」に、製造・加工業者、輸入業者、表示製造業者などが含まれるとされています。

また、製品を製造した業者だけではなく、その製品を販売した業者も「共同不法行為者」として、損害賠償責任を負担 しなければならないケースがあるという点です。

貴社が「製造業者等」にあたるのかを判断するためには、貴社の業務内容を正確に把握するとともに、保険会社の担当者や保険代理店などに、その内容を正確に伝えなければなりません。

製造物責任法という法律では「製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合」の、「製造業者等の損害賠償の責任」について書かれています。

「欠陥」とは、「通常有すべき安全性を欠く事」であり「設計上の欠陥」「製造上の欠陥 」「表示上の欠陥」などに分類されます。

ただ、法律的な言葉というのは難しいものですし、正確に内容を把握しなければ、保険に加入しても必要な補償が受けられないとういトラブルにつながります。

保険会社の担当者や代理店と話し合って、わからない点は全て解決してから契約することが必要になります。


a1640_000023.jpg


また、PL保険が必要でない場合も、事業を行っている以上は「第三者に損害を与えてしまう」ということはあり得ますし、民法上の損害賠償責任を負担 しなければならないことがありますので、損害賠償責任保険に加入する必要が出てくることもあります。

« 海外PL保険が必要な場合とは? | ホーム | 国内PL保険 »

このページの先頭へ