イメージ画像

セットプランのメリット

PL保険に加入することで、製造物責任法上の損害賠償責任が生じた場合のリスクをカバーできるようになります。

しかし、企業経営を続けて行く上で、PL事故だけではなく他のリスクもありますので、それらの保険にも加入する必要が出てきます。

特に、他人の身体や財物に損害を与えてしまった場合、PL法上の責任は問われなくても、民法上の損害賠償責任を問われることがありますが、この場合は経済的な損失がばく大になることがあるのです。

また、企業が所有する建物で火災が起こってしまった場合には、火災保険に加入していなければ補償が受けられませんし、企業の財物が盗難に遭った場合の損失には、盗難保険に加入して対応しなければなりません。

最近は、労災事故が起こった場合に、雇用者の責任が問われることも増えていますし、訴訟沙汰になることもあり、そのような場合に備えて任意労災に加入しなければならない場合もあるでしょう。

損害保険会社が発売するセットプランに加入しておくと、1本の契約で様々な補償が得られるというメリットがあります。

事故の際の連絡先が1つで済みますし、補償内容が重複したり、必要な補償が得られなかったりすることもありません。

また、個別に保険契約を結ぶ場合に比べると、保険料が安く抑えられることも多いものです。

ただし、セットプランに加入することで、貴社にとって必要のない補償までつけざるを得ないケースもありますので、まずは保険会社の担当者・保険代理店などに貴社にとって必要な補償をきちんと伝えることが大事です。

« PL保険加入のメリット | ホーム | PL保険が必要な業種は? »

このページの先頭へ