イメージ画像

施設所有管理者賠償責任保険

施設管理者賠償責任保険は、企業経営に必要な事務所や店舗などの「施設」を所有・使用・管理などをしている企業・個人事業主などが、施設そのものの構造上の欠陥、管理の不備による事故、あるいは施設の内外で仕事を行ったことにより生じた事故が原因で、法律上の損害賠償責任を負うことによって生じる損害をカバーしてくれる保険です。

たとえば、建設業者が管理している資材置き場で、資材が崩れてしまい、通行人に怪我をさせてしまったといった場合は、当然ながら損害賠償責任が生じることになります。

この場合は、企業側が迅速に対応しなかった場合、被害者が持つ印象が非常に悪いものになります。

もちろん「企業が負うべき責任の範囲」「被害者にまったく落ち度はないのか」という問題を、裁判で争うということはあり得ます。

その際に、裁判が長引くことも、決して企業経営によいことではありませんし、本業に支障が出てくることもあるでしょう。

そのような場合、施設管理者賠償責任保険に加入しておくことで、対応を保険会社に任せることができるようになりますし、金銭的な負担も保険金でカバーされることになります。

ただし、この保険は「すべての企業に必ず必要」というわけではありません。

たとえば、フリーランスや御自宅で仕事をされているSOHOの方などで、管理している「施設」というものが存在しない場合には、この保険が必要でないかもしれません。

貴社の業務内容や施設の保有状況など、保険会社の担当者や代理店に伝えて、この保険の必要性を検討しましょう。

« 使用者賠償責任保険 | ホーム | 自動車保険 »

このページの先頭へ