イメージ画像

企業経営にまつわるリスク

日本の企業のうち95%が中小企業に該当すると言われており、それぞれの企業が様々なリスクを負いながら経営を行っているという現状があります。

特に、中小企業の資金繰りは厳しくなっていると言えますので、保険を活用してリスクをカバーしていくことが必要でしょう。

現代では、様々な「損害賠償責任」に関する訴訟が起こされるようになり、PL訴訟というのもその一つと言えるでしょう。

PL保険は「製造物責任法上の賠償責任」が生じた場合に備えることができる保険です。

特に、損害賠償金の金額がばく大になってしまうことが多いので、資金力のない中小企業・個人商店などの経営者の方ほど、保険料負担が生じてもPL保険に加入しておくメリットはあります。

また、PL事故には該当しなかったとしても、民法上の損害賠償責任は問われるというケースがあり、この場合に備えて種々の賠償責任保険を活用していく必要もあります。

労働災害や通勤災害が起こってしまった場合には、まずは政府労災の適用が受けられますが、従業員の方の福利厚生を充実させるために、労災保険に加入するという方法があります。

従業員の方々が安心して働ける環境を作ることで、勤労意欲の高まりなどにつながることもあります。

a0002_002247.jpg

このように、企業経営を続けて行く上で、様々なリスクを負うことになりますので、保険に加入して補償を得ておくことが必要です。

保険料負担について気になるところですが「保険料がもったいない」と思ってしまうほど、資金繰りが厳しい企業ほど、イザというときのための蓄えがないことが多いので、保険を活用していくべきでしょう。

« 労災保険 | ホーム | 貴社にとって必要な補償とは? »

このページの先頭へ