イメージ画像

貴社にとって必要な補償とは?

PL保険に加入することは大切ですが、企業経営を続ける上でのリスクというのはPL事故が起こってしまうことだけではありません。

保険というのは「企業経営にまつわるリスク」を総合的に考え、全てをバランスよくカバーできるように設計しなければなりません。

法的にはPL事故に該当しなかった場合でも、民法上の損害賠償責任が生じたり、PL事故が起こるのを防ぐためにリコール・自主回収などを行ったりする必要もあるかもしれません。

そのような場合に備えられる体制が、貴社ではきちんとできているでしょうか?

たとえば、貴社の社屋や店舗が火災に遭ってしまった場合には、火災保険に加入しておかなければ補償が受けられません。

貴社が自動車を保有している場合には、自賠責保険に必ず加入しなければなりませんし、万が一の事故に備えて任意保険に加入する必要もあるでしょう。

このように、事故の内容に応じて、適用される保険が異なりますので、PL保険だけに加入するのではなく、複数の保険に加入してあらゆる事態に備えておくべきです。

これは、PL保険だけではなく、様々な保険について言えることですので、「どのような補償が必要か」をまず洗い出したうえで、保険全体の設計を考える必要があるのです。

さらに、保険だけですべてのリスクに対応するという方法だけではなく、預貯金などでカバーできる部分もありますし、PL保険には免責事項もあってカバーしきれない部分もあるということも、きちんと知っておく必要があるでしょう。

« 企業経営にまつわるリスク | ホーム | 利用する保険会社を増やしすぎない »

このページの先頭へ