イメージ画像

利用する保険会社を増やしすぎない

PL保険に加入する際は「保険料ができるだけ抑えられる会社を選ぶ」「特約などがふんだんに用意されていて、補償内容を充実させられる保険を選ぶ」などの方法もあります。

しかし、企業保険を選ぶ際に大切なことは「イザというときに、スムーズに補償が受けられること」です。

企業経営を続けて行く上で様々な事故が起こることが考えられますが、「どのような事故でも、一つの窓口へ連絡すれば事足りる」ということがあれば、事故対応のスムーズさも違ってきます。

しかし、事故のたびに何軒もの連絡先に連絡しなければならないとしたら、大変なことになります。

そのため、利用する保険会社や保険代理店を絞り込むことの必要性は高いでしょう。

ただし「生命保険や自動車保険でお世話になっている保険会社から、経営している会社の企業保険への加入を勧められたから」といった場合には、注意が必要です。

生命保険に精通している保険会社の担当者・代理店が、企業保険にも精通しているとは限らないからです。

保険会社によっては、様々な補償があらかじめセットされたタイプの保険を発売しているところもあり、このタイプの保険を選ぶことで、煩雑な契約の手続きが一本化できて、事故の際の連絡先が一つに絞り込めるというメリットもあります。

また、このタイプの保険を選ぶと、補償内容が重複したり、必要な補償を受けられないということも少なくなります。

ただ、企業の業務内容や経営状況によっては、個別に保険を契約するほうが良い場合もありますので、自社の状況を踏まえて保険契約を結ぶという姿勢が大切です。

« 貴社にとって必要な補償とは? | ホーム | 契約時に起こりがちなトラブルは? »

このページの先頭へ