イメージ画像

事故時に起こりがちなトラブルとは?

PL保険に加入していて、もっとも残念で怖いことは「PL事故が起こった際に、必要な補償が受けられなかった」ということです。

非常に残念ながら、このようなことが現実に起こっているのです。

■補償内容に納得のいかないまま契約をしてしまった。
これは「契約時のトラブル」でもあるのですが、たとえば「既に自動車保険などの契約をしていて、お付き合いのある保険会社から、PL保険に加入するよう勧められたので、なんとなく加入してしまった」というケースが考えられます。

一般の人に向けた自動車保険などに詳しい保険会社・保険代理店が、企業向けのPL保険などにも精通しているとは限りません。

企業向けの保険には「各業界の事情、起こりうる損害に備えて、最適な契約内容を選ばなければならない」という特性があります。

そのような事情を理解してくれる担当者・保険代理店を選ぶことのほうが、既に契約している保険会社への義理立てよりも、はるかに大事です。

■担当者に電話連絡がつかない。
最近は、インターネットで保険契約ができることを謡う保険代理店も増えているのですが、「事故が起こった際、担当者をしても留守番電話ばかり」というケースもあります。

事故時には「警察や消防とともに、保険会社にも連絡する」 ということが大事ですが、その連絡ができないとなると、大問題です。

まだ事故が起こっていないときに、担当者へ連絡を入れてみることで、誠意ある対応をしてもらえるかどうかを、確認しておきましょう。

« 継続時に起こりがちなトラブルは? | ホーム | PL保険に加入するタイミングは? »

このページの先頭へ