イメージ画像

主契約と特約とは?

各損害保険会社が様々な保険を発売しているため、保険でカバーできる範囲は年々ひろくなっています。

そのため「保険契約の内容が複雑すぎて、あまり理解できない」という経営者の方もいるかもしれません。

ただ、保険というのは「主契約と特約」で構成されていることを理解し、契約内容のどの部分が主契約で、どの部分が特約かを理解することで、保険の契約内容が整理されて、わかりやすくなるかもしれません。

これはPL保険だけに限らず、どのような損害保険、生命保険にも言えることです。

主契約だけでは補償を得られない範囲については、特約をつけて補償を得られるようになりますが、特約をつけると保険料がかさみますので、本当に必要な特約なのかどうかを事前に検討しましょう。

a0001_016683.jpg

たとえば「リコール費用担保特約」というものがあり、これはリコールをする場合にかかる種々の費用を補償してくれる特約です。

ただ、業界によってはリコールが発生しないという場合もありますので、その場合にはこの特約を付けられない仕組みになっています。

また、特約を付けても補償を受ける機会がなく、保険料が無駄になってしまうこともあります。

様々な特約が必要かどうか判断するためには、まず貴社の事業内容を正確に把握した上で、保険会社の担当者や保険代理店と相談する必要があるのです。

特約を付けるだけでは補償の範囲が不足するという場合には、他の保険を契約するといった必要もあるかもしれませんので、特約の必要性の必要についてよく検討しましょう。

« PL保険が必要な業種は? | ホーム | PL保険の補償が受けられない場合とは? »

このページの先頭へ