イメージ画像

保険料をできるだけ抑えるには?

PL保険を始め、どのような保険に加入する場合でも、気になるのは「事故が起こらないかもしれないのに、保険料を負担する意味があるのか?」という点です。

できるだけ保険料を抑えられると、企業経営も円滑になり、安心も得られますよね。

そのために大切なことは「必要な補償の範囲を明確にし、必要なだけの補償をつけること。そして、必要以上の補償を得ようとしないこと」です。


a0008_001826.jpg


ただし、保険料を抑えようとするあまりに、「事故の際に必要な補償が得られなかった」ということになっては、元も子もありません。

補償の範囲を広げるためには「特約を付ける」という方法がありますが、「特約はつければつけるほど良いのか?」というと、そんなことはありません。

たとえば「リコール費用担保特約」は、リコールが発生しない業界では必要がありませんし、食中毒が発生した場合の費用を担保する特約は、食品業界では必要性が高いですが、それ以外の業界では必要がないのは明らかです。

また、食品業界でも「魚や野菜を、加工せずにそのまま販売する場合」は、PL法の対象外となりますので、PL保険への加入そのものが必要ないかもしれません。

ただし、食品の缶詰なども発売している場合には、PL法の対象となりますので、保険も必要になるでしょう。

このように、貴社にとって必要な補償と、必要以上の補償の境目を考えて保険の契約内容を検討する必要があります。

このことが、保険料を抑えるコツともなりますので、事前のチェックを怠らないようにしてください。

« PL保険加入後に気を付けることは? | ホーム | 化粧品とPL事故 »

このページの先頭へ