イメージ画像

現在加入している保険の内容は?

PL保険に加入する前に、まず現在加入している保険の内容についてチェックしましょう。 もしかすると、他の保険に特約を付ける形で、PL保険と同等の補償を得られるようになっているかもしれません。 たとえば、業界向けのセットプランなどを発売している保険会社も増えていますし、その中には既に、PL保険の補償内容に該当するものが含まれているかもしれません。

そのような場合に、新たにPL保険に加入すると、無駄に保険料を支払ってしまうことになりますので、注意が必要です。

貴社にとって必要な補償とその優先順位を明らかにして、PL保険に加入すべきかどうかを考えることが大切でしょう。

企業経営を続けていく上で、必要な補償はPL事故の補償だけではありませんし、他にも労災事故への備えや、第三者への賠償責任への備えなども必要です。

何らかの事故が起こった際には保険会社に連絡しなければなりませんが、複数の会社の保険商品を契約していると、事故の際の連絡先が2つ、3つと増えてしまいます。

たとえば、PL保険の保険料が安く抑えられるのは、商工会議所や各種の業界団体が設けている共済制度など、保険料が安くて加入できますし、その団体に加入していれば、補償も早い時期から得られることが多いです。

しかし、それ以外の保険を別の会社と契約していると、補償内容が重複する可能性や、事故の際の連絡先が多数になることで、事故対応が遅れるといったリスクもあることを考えて、契約する会社を選びましょう。

« PL保険の補償が受けられない場合とは? | ホーム | 信頼できる担当者・保険代理店とは? »

このページの先頭へ