イメージ画像

信頼できる担当者・保険代理店とは?

PL保険だけではなく、どのような保険にも言えることですが、「保険に加入していたのに、補償が得られない」ということがあると、非常に困ります。

そのため「この保険に加入してできることは何で、できないことが何か」ということを、はっきりと言ってくれる保険会社の担当者・代理店こそが信頼できると言えるでしょう。

担当者や保険代理店は、契約の本数が増えたほうが良いですので、とにかく契約を急がせようとしたり、「この保険に加入しさえすれば、何も心配いらないです」と言ったりするケースもあります。

しかし、本当に顧客のことを考えている担当者・代理店ならば「この保険だけではカバーしきれない部分」「保険加入だけではなく預貯金を活用することで、カバーできる部分」などをきちんと考えてくれます。

ただし「PL保険だけではできないことがある」という事実は、決して悪いことではありません。

できることと、できないことが分かっていれば、対処のしようがあります。

そのため「貴社にとって必要な補償」と、「PL保険に加入することで得られる補償」「それ以外の保険で得ておくべき補償」のズレをしっかりと認識しておく必要があります。

保険会社の担当者や代理店には、貴社の希望をきちんと伝えることがもっとも大切ですし、必要な補償が得られるとわかるまで、契約を結ばないことも大事です。

納得できるまで説明してくれてる担当者、代理店ならば、信頼して付き合っていくことができるでしょう。

 

a0002_005788.jpg

« 現在加入している保険の内容は? | ホーム | 必要な補償が受けられるか? »

このページの先頭へ