イメージ画像

リコール保険・特約

PL保険というのは「PL事故が起こってから」、その損失をカバーするものですが、リコール保険というのは「事故が起こる前に」対応するための費用をカバーしてくれます。

そのため、この2つの保険は関連が深いのですが、補償内容は異なります。

またPL保険にリコール費用担保特約を付けるという方法で、補償を得ることもできる場合があります。

リコールをしなければいけない場合は、「できるだけ早くに対応する」ということが必要で、決断が遅れてよいことなど一つもありません。

製品に欠陥・不具合があることに気付いたのに、放置していたということが後々に判明すると、裁判沙汰になった場合には非常に重大な事態になります。

消費者の権利意識が高まっている現代、さらにインターネットが発達している現代では、企業イメージの悪化を防ぐためには、大変な努力が必要となってしまうのです。

リコール保険に加入していると「リコールをしよう」という決断が素早くできることになり、消費者に対する誠意を見せることで、できるだけ企業イメージの悪化をできるだけ防ぐこともできるのです。

ただし、リコール保険というのは「リコールが発生しうる業界でのみ必要」という特徴があります。

たとえば工事業などで、リコールということが考えにくい場合には、この保険に加入しても補償を受ける機会がないということになりますので、注意してください。

« 保険代理店の役割とは? | ホーム | 火災保険 »

このページの先頭へ