イメージ画像

PL保険の更新と保険見直し

PL保険には更新時期が来ますが、気を付けておきたいのは次のようなことです。

・本当に更新ができるかどうか?

・更新ができたとしても、保険料が高額になってしまってはいないか?

・貴社の事業内容・事業規模が変化していて、これまでの契約内容では十分な補償がえられないのではないか?

PL保険には更新の時期がきますので、損害保険会社の担当者・代理店から「更新のお知らせ」が届きます。

もしも、PL保険の更新ができなかった場合には

・過去にPL事故が多すぎ、保険金を請求する金額が多額になりすぎた

・故意や過失により、重要な告知事項に漏れ・抜けなどがあったことが判明した

といったことが考えられます。

PL保険で事故時の補償は得られますが、補償を受けなくてもいいように配慮をするということも、とても大事です。

事故が起こると、あっという間にその情報が拡散し、貴社の企業イメージが損なわれるのが、インターネット時代である現代です。

そのため、PL保険に加入していても、事故の規模・内容によってはあえて保険の補償をうけず、自社内の預貯金等で対応するという選択もあるかもしれません。

損害保険会社の担当者・代理店の中には、保険金を受け取るかどうかという選択も含め、今後の更新のことも見越した提案を行ってくれる人もいますので、事故時には代理店・他当社に報告して、最良の選択をすることが必要です。

また、更新作業は面倒に感じられるかもしれませんが、PL保険に加入した時点と、更新の時点で、貴社の事業内容や事業規模が変化しているという可能性もあります。

そのような可能性がないかどうか、良心的な担当者・代理店なら折に触れて尋ねてくれるとともに、「更新時期は保険見直しのチャンス」として、積極的に話し合いの場を持とうとしてくれるものです。

また、保険商品も新しいものが発売されており、場合によっては新商品への乗り換えを行う方が、貴社にとってメリットが大きいかもしれません。

契約更新の時期には、機械的に以前の契約を続けるだけではなく、保険契約全体の見直しを行う機会ととらえましょう。

また、事故時には損害保険代理店・担当者とすぐに連絡を取ることができるのが理想です。

保険契約の内容について相談しておくことで、代理店・担当者がどのような姿勢で仕事に臨んでいるかが見えて来るでしょう。

契約更新の案内だけを一方的に送ってきて、貴社の状況などを一切確かめないで済ませようとする担当者・代理店よりは、様々な相談に乗ってくれる担当者・代理店のほうが信頼できると言えるでしょう。

« 保険未加入が招いた悲劇とは? | ホーム | PL保険の補償の範囲は? »

このページの先頭へ