イメージ画像

保険代理店の役割

PL保険に加入する際は
・損害保険会社(担当者)に直接申し込む方法
・損害保険代理店を利用する方法
があります。

損害保険代理店は、次のような役割を担っています。

●保険商品の勧誘をする
●保険商品の説明をする
●保険契約を締結する
●保険契約の変更・解約などの申し出があった場合、それを受け付ける
 (ただしクーリング・オフの受け付けは除く)
●保険料を領収する
●保険料の領収証の発行・交付をする
●契約者(PL保険に加入する人)などの告知・通知の受領

損害保険代理店の中には、インターネットと電話だけで契約を結ぶことができるようにし、忙しい企業経営者の方も、手軽に利用できるよう配慮している店もあります。

損害保険会社も通販型保険を用意し、インターネット上で申込を行うことができるようにしている会社もあります。

ここで注意したいのは「PL保険に加入して、必要な補償を得る」という最大の目的を忘れてはいけないという点です。

通販型保険は、契約者自身が保険の内容を細部まで理解し、ご自身でどのような補償を得られるのかを把握して契約しなければ、補償内容の思わぬ漏れ・抜けなどが後に判明することもあります。

対面販売式の保険の場合、担当者と相談しながら契約を進めることになるので、貴社にとって必要な補償をきちんと把握していれば、後のトラブルというのは起こりにくいものです。

また、契約者の故意ではなくても、告知事項を正確に記入できなかったといった場合には、イザという場合に補償が受けられなかったり、契約そのものを解除されたりするリスクもあります。

「損害保険代理店」には、
・特定の会社の商品のみを扱う代理店
・複数の会社の商品を扱う乗り合い代理店
が存在します。

現在、乗り合い代理店への法規制が厳しくなりつつありますが、「今後も営業を続けていくことができるのは、厳しい法規制をクリアした代理店」だとも言えるので、契約希望者にとっては決して悪いことではないでしょう。

いったん、お付き合いをはじめた損害保険代理店とは、少なくとも保険期間が終わるまで、更新を続けていくならばさらに長く、お付き合いが続くこととなりますので、信頼のできるパートナーを見つけるつもりで選びましょう。

通販型保険を選ぶ場合は「事故時の連絡が取れるかどうか?」「電話がつながりやすいかどうか」を常日頃から確認し、少しでも不安を覚えるようならば、より信頼できる代理店を探す方が、安心かもしれません。

« 必要な補償内容を確認する | ホーム | リコール保険・特約 »

このページの先頭へ