イメージ画像

休日中の事故対応はできますか?

もしも、工場や倉庫で火災が起こったり、労災事故が発生したときには、
・消防や救急に早く連絡すること
・けが人の救護をすること
・保険会社に連絡すること
などの様々な対応が必要となります。

そして、工場に人がいない休日には、これらの対応がどうしても遅れがちになります。

もしも火災が発生したり、盗難が起こったりした場合でも、休日で人がいないときは、すぐに気づくことができないからです。

休日には、人的災害が起こるリスクが少なくなるのは事実ですし、工場で様々な機械類が稼働している間には、たとえば漏電や静電気の発生などによって火花が散り、火災につながるといった可能性も高くなるのです。

しかし、人がいるために、異変に気づいて初期対応が早くできるのですが、誰もいない工場に放火をされたり、タバコを投げ込まれたりしても、小さな炎の間は誰も気づかないということが起こり得ます。

そして、工場の施設を管理する人、人員を統括する人が、休日のためになかなか連絡が取れず、結果的に混乱が大きくなることも考えられるでしょう。

工場や倉庫には、引火しやすい燃料などがあること、密閉性の高い空間であることから、いったん上がった炎がバックドラフトやフラッシュオーバーなどの現象で何度も燃え上がるという可能性があります。

休日の異変にも、できるだけ迅速に対応できるようにしましょう。

夏休みや正月休み、連休などに伴って、工場の休みが何日も連続する場合には、いたずらのような気持ちで入り込んだ子どもが発見されるまで、長時間が経ってしまうという可能性もあります。

「ここからは工場なので、入らないでください」という立て看板やコーンなどを用意して、明確に境界線を示しておくこと、施錠を何重にも行い、簡単に入り込めないようにすることなどを徹底しましょう。

細部まで気を配ったとしても、盗難に遭うことや、火災が起こること、地震が起こることなどはあり得ます。

そのようなときは、警察や消防への連絡、けが人の救護、保険会社への連絡など様々なことを進めなければなりませんが、休日にこのようなことを行う担当者を、はっきりと決めておきましょう。

誰が現場に駆けつけるのか、誰が現場で指揮にあたるのかを決めるとともに、消防や警察の他、警備会社、保険会社など、連絡を入れるべき先を一覧表にまとめ、迷いなく連絡を入れることができるようにします。

工場などの操業中だけではなく、休日中の対応を決めておくことが、混乱を防ぐことにつながるのです。

« 労働時間と就業規則の見直しを | ホーム

このページの先頭へ